スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軍隊

朝飯を食べにホター(食堂)に向かっていると
銃をかまえた軍隊が路上にいた。
交差点の四つ角に隠れるように、5、6人いた。
おそらく訓練の一環なんだろうが、
日本や先進国じゃ考えられない光景だ。
弾は抜いてあるんだろうが、四つ角のひとつは私の活動する学校である。

その後、他の場所でも同じような光景を目撃したので
島の全体を使った演習のようである。
島民は至って普通にしているので、珍しい事ではないようだ。

次に見かけた時はぜひ写真に収めたい。

スポンサーサイト

ホームセキュリティ

どこの国でも協力隊の住む家は、セキュリティが厳しいはず。
モルディブは派遣国の中でもかなり治安が良い国になるが、
それでも隊員の住む家は、玄関ドアに鍵が2つ付けられ
チェーンロックを付け、窓には鉄格子が付けられている。

私の住む家にも当然セキュリティが付けられているのだが
元々家に設置されていたわけではなく、私が住む事が
決定してから取り付けた物である。

ここでひとつ問題が発生する。
モルディブは治安が良い為、
普通の家は玄関ドアが開けっ放しであったりして
チェーンロックなんて物とは無縁である。
なので、その意味をわかっておらず、
当初私の家に付けられたチェーンロックは
ドア側とドア枠側の位置が近すぎる為、
ドアを開けた状態で表側からチェーンを外せてしまう状態であった。
当然つけ直してもらうわけだが、なかなか意味が通じず
実際に表側からチェーンを外して見せても、
それじゃ駄目だと言う事が理解できない。
位置をずらす作業を横で見ていると、
ドア側とドア枠側の距離を取らずに
2つの距離をキープしたまま一緒に高い位置に移動して
取り付けようとしてしまうのである。(何も変わってねーつーの)
最終的には私が、ドア側はココ、ドア枠側はココと指示して
取り付けてもらった。

またドアの鍵も取り付け位置が悪く、
一度私が部屋の中から鍵が開かずに
出れなくなった事があったがその時も、
何を血迷ったのか、表側にいた大家が
ドアの横の窓から手を入れてドアの鍵を開けようとするのである。
(それで手が届いたら鉄格子も鍵も意味ねーだろ)
とーぜん届かない。

セキュリティに関して無知という事は
それだけ安全であるとも言えるのだが、
実際、他の島では過去に何度か
協力隊の家に空き巣が入っているので
注意は必要だ。

くれぐれも平和ボケしないように気をつけよう。

雨漏り

今、私の住んでいる家にはいくつか問題があって
ひとつは、雨漏りする事。
しかも3ヶ所から。
その内、2ヵ所はあまり生活に支障がないので
まぁーその内直してくれればいいかなぐらいに考えていた。
だが1ヵ所は台所のガステーブルの上なので
早めに修理してもらいたいのだが、当然の如く
なかなか直してくれない。
一応作業をしてくれてはいるが、全く改善しない

雨漏りより先に台所のシンクのパイプからも
水が漏れているので修理をお願いしてあるが、
それさえもまだ直してくれない。

更に部屋の明かりが暗いので電球をひとつ追加してほしいと
入居時にお願いしていたが、未だ付けてもらえず
さらに昨日からは2つある電球の内、ひとつが切れてしまい
非常に暗い部屋になっている。

モル人の仕事の遅さは承知の上であったが、
実際に自分がそれを経験すると、やはりイラッとしてしまう。

もちろん、他の国ではもっとひどい状況で生活している
隊員もいるだろうが、モル人は雨漏りする家に住んではいないし
この家に住む前に宿泊した部屋は日本と変わらない明るさだったし
夕飯を食べに行ったモル人宅も普通に明るかった。

ぜーたく言う気はないが、他のモル人と同じような家には住みたいのである。


Breakfast

私の島ではパンが売ってません。
首都では普通に売っているがここには売っていない...

だが、ホター(食堂)にはBreakfastという
トースト3枚とソーセージ2本と目玉焼きのセットで10Rf(100円)の
メニューがあり毎日のようにそれを食べています。

この国の食材は大半が輸入で、
さらに私のいるような地方の島は
首都から船で運ばれてくるため
大半の食材は痛んでいる。

なので卵は日本であれば完全に賞味期限切れの
状態で店に並んでいる。私はまだ買ったことがないが
他の隊員の話だと買う際には卵を光に当て、中身を
透かして黄身の状態を確認しながら買うらしい。
そうしないと完全に黄身が崩れた状態で出てくる物もあるからだそうだ。

たしかに、Breakfastを頼むと
時々、目玉の黄身が崩れた状態で
出てくる事があるが、目玉焼きの作り方からして
調理の際に崩すことは考えずらいので
おそらくは、それくらい痛んだ卵を使ったという事だろう

今まで数回この目玉焼きを経験しているが
いまのところ腹痛には襲われていない。

つづき

つづき

今までに何度も「日本人か?」と話しかけられたが
その場合、大半が前任者を知っているか?俺は友達だ!
みたいな事を言ってくるので、今回もそのパターンだと思い
こちらから前任者を知ってるか?と言ってみたところ、
意外にも知らないという返事が返ってきた。

あれ?と思っていると、ビデオカメラを診てほしいみたいな事を
言ってるので、診るのは構わないが、俺はPCの先生でカメラは
詳しくないぞ!って言うと、画面表示を日本語から英語に
変えてほしいとの事だった。

なんでも日本人の友達から、日本製のビデオカメラを
送ってもらったが表示が日本語なのでわからんらしい。

声をかけられたのが夕方だったので明日でいいか?と聞くと
不満げな顔をしていて、空港島に住んでいるから車に乗って
一緒に来れないか?俺は空港のマネージャーだ!と言ってきた

「空港のマネージャー」という言葉に思わず食いついてしまった。
これは知り合いになっておいた方が良い相手だと思い、
「じゃー今から行くよ」と思わず言ってしまった。(ボランティア精神のかけらもございません...)

乗り込んだ車はTOYOTAのRAV4でおそらく新車で購入している。
そしてマネージャーは運転しながらカメラを送ってくれた
日本人に携帯で国際電話をかけ、何やら話をしているが
ディベヒ語なのでほとんどわからん。
更にその電話を私に渡してきたので、
相手の日本人の話を聞いてみると、
どうやらカメラには言語の切り替え機能がないらしい、
なので英語の取扱説明書をこちらに送ると言っていた。

電話が終わると、一応カメラを診てほしいとの事で
そのままマネージャー宅に行くと、今まで見たモル人宅の中で一番デカイ家だった。
更に家に入ると、リビングにはTV、ビデオ、DVD、5.1chスピーカーまであった。
ただ、5.1chスピーカーは一か所にまとめて置かれており使い方わかってるのか?って感じだった。

カメラはSONY製で予備バッテリーを付けて720$したらしい、
説明書に目を通したがやはり、言語切替の機能はなく
それを伝えると画面表示の説明を求めてきたが、
私自身そのカメラを触るのは初めてなので機能内容がわからず、
動画・静止画や削除・保存などは説明できるが、
スローモーション動画なんて機能はどんな機能なのか
私自身よくわからないのでやたらとMaybeを使った。

とりあえず、撮影すること自体は問題ないので、
「はい・いいえ」が「YES・NO」と「動画・静止画」が「Movie・Photo」
「削除がdelete」である事をメモって教えてきた。

空港マネージャーと言っても一日一便のローカル空港で
仕事と給与が釣り合っていない感じだが、こういう人は
どこの国にもいるんだなって感じた。

バレーボール観戦

今日はバレーボールの試合を観に行って来た。
Fonadhoo対どこかの島、どこかは聞いたがよくわからなかった。

試合は野外で行われる。体育館があるのはおそらく首都だけだろう
ちなみにバレーボールはモルディブでは人気のスポーツでJOCVの
バレーボール関係の隊員は現在2名いる。

試合会場
fonadhoo16

fonadhoo13

以前話したカブの群れ
fonadhoo14

試合中も、もちろんブルガを被る(被っていない人は普段から被っていない)
fonadhoo15

審判はドラム缶に乗っている
fonadhoo18

一軒売店が出ていたので写真を撮ろうと思ったら
私の家の大家だった。こんなところでも金儲けしてやがった。
fonadhoo17
左のサングラスを頭にのせているのが大家

正直写真ばかり撮っていて
試合はあまり見ていない

試合終了後に「日本人か?」って
話しかけられたんだが、その話は明日

授業開始日

ようやくクラスのスタート日がはっきりした
6/14(Term2のスタート日)らしい
クラスは16クラス
各クラス週2回
但し私の担当は週25コマ
グレードは4~12

生徒の大半が前任者の授業を受けているわけだが
ここで問題になるのが、その授業内容を生徒が覚えているかどうかで、
前任者の授業は昨年で終了しているので
1月からの半年間授業を受けていない状態なわけだが、
エクセルやワードなんて仕事でもしてなきゃ使う事もないだろうし

んでここで必要となってくるのが前提テストってやつ(補完研修で教わりました)
授業の初日に前提テストをやって
前任者の授業内容を覚えているようであれば
レベルアップした内容で
覚えてなければもう一度同じ事をやろうと思う。

ただ、クラスはあくまでグレード毎にわかれているので
同じクラスの中で前提テストの結果に開きがあると、
できない人に合わせるか
できる人に合わせるか、
ちーと悩むところである。

さらに、この国は1月から新学期が始まるので、
授業は残り半年になる。
授業内容は、Excel、Word、Power Pointだが
半年で3つを教えるのは厳しいのでどれか削らないといけない、
それをどれにするか
これもまた悩みどころである。

まーまだ3週間あるので
じっくりと考えよう...

散歩

空港までの道のりを今度は歩いてみた。
前任者の言うとおり40分位かかった。

途中でサンダルを履いてきたことを後悔した。

島のはずれに近づいてきたあたり
写真は全て携帯で撮ったのであまり綺麗じゃない。
コーズウェイ3
道の左側は5m位木が立ち並んでいて、
その外側は海だがビーチにはなっていない
右側は畑があり、バングラ人が働いている
この道を抜けるとコーズウェイに繋がる

コーズウェイ
コーズウェイ4

ODAの説明書き、内容は読まなかった。
コーズウェイ2

先に見えるのが隣の島(空港)
コーズウェイ5

コーズウェイから見た私の島
コーズウェイ1

さすがにコーズウェイの周りは
人がゴミを捨てないせいか海も綺麗だった(ケヨドゥほどじゃないが)

ちなみに帰り道も歩いていると
バスに追い抜かれた、もっと早く気付けば
乗せてもらえたんだが...
おかげで雨にふられて結構しんどかった。

チケット

今日は空港までチケットを買いに行って来た。

協力隊は半年に一度、隊員総会というものを首都で開くのだが
その際に必要なチケットである。

自分の住む島にチケット屋はあるのだが、ワークパーミッションを
適用させるには空港に行かないと駄目みたいなことを言われた
チケットにはモル人価格と外国人価格があり、パーミッションを
適用させるとモル人価格になる。

空港は私の住む島の隣の島だが日本のODAで作られた橋で
繋がっている。ちなみに更にとなりの島も同じように橋で繋がっていて
前任者の話だと空港まで歩いて40分位らしいが今回はバスで行った。
私の島からふたつ隣の島までバスが走っていて、どこまで乗っても
5Rf(50円)である。2年位前は高くて誰も乗る人がいないと先輩隊員が
ブログに書いていたのでかなり価格を下げたと思われる。

日本であれば出発日に空港に行って発券すればいいんじゃないか
って感じだけど、ここはモルディブ。最悪予約ができてません。なんて
事になっても嫌なので早めに行ってみたら、すんなり手続き完了

ちなみに飛行機は一日一便しか出ておらず、手続き完了後初めて
飛行機の時間を知ったんだが、行きは夕方、帰りは夜の便だった。
行きは大丈夫だが、帰りはバスが終わっている時間なのでどうしよう
なんて考えながら、バス停に立っているとトラックが現れたので、
あのトラック荷台に乗せてくれないかな~なんて考えていると。
トラックの運転手は私の家の大家だった。向こうもすぐに私に気づき
当り前のように乗せてくれた。

そしてこの瞬間、首都からの帰りは大家に迎えに来てもらおうと私の中で決定した。

殺虫剤

こちらにはMOSFLYという殺虫剤が売られていて(25Rf 250円)
漢字で「武士」と書かれている、この「武士」が商品名を
意味しているのかメーカーなのかいまいちわからんが
更に武士という文字の下には「日本最新の配方」と書かれており
配方なんて言葉あるか?って感じで、いかにもどこかの国が
日本の商品に見せかけてる雰囲気がありありだ!
商品にはどこの国の製品かわかるような事は一切書かれていない
使用方法は英語と中国語と日本語で書かれており、読んでみると
閉めきった部屋で3秒から6秒噴射して10分ほどその状態を保つように
書いてある。スプレー式の殺虫剤だが、使い方はバルサンのようだ。
ただ、モル人はこれを普通に虫にスプレーして使うし、私もそのつもりだ。

ちなみに家の中の全ての虫用と書いてあるがゴッキーは
対象外らしい、いくつかの虫のイラストが描かれているが
その中にゴッキーがいない

今の家に住み始めて2週間が経ったが
ゴッキーは4回ほど登場した。
んで、今日の朝ゴキブリホイホイを台所に仕掛けて
夜になってどんな感じか中を覗いてみると何かいるじゃないか
早速ひっかかりやがったと思って、良く見るとゴッキーではなく
ヤモリでした。

ヤモリよ、お前がいたらゴッキーが入って来れんだろう

食事

今日は昼間大家が魚一匹をくれたので
そいつをさばいて焼いて醤油をかけて食べた

魚はこちらでツナと呼んでいる魚だがマグロではない
大きさはサバと同じぐらいであまり脂身がない
モル人はこれをリハに入れたり、油で揚げて食べる

ちなみに私は箸を持ってくるのを忘れたので
焼いた魚はフォークで食べた。
ラーメンを食べる時もフォークだ。

島には箸など当然売っていないので
今度首都に行った時に探そうと思う。

なぜか醤油は当たり前のようにどこでも売っている
ただ、どこでも売っているのは中国メーカー品なので
私は首都にいる時にキッコーマンの醤油を買ってきた

ちなみに語学研修の際にホームステイした家の
お土産屋では箸と箸置きとランチマットのセットを売っていた

なぜモルディブみやげが箸なのかは未だ謎である。

ペット

モルディブは100%イスラム教の国である
100%の国は世界に2つだけでもうひとつはカタールらしい

インスラム教では豚肉が食べられず、アルコールも禁止である
さらに犬も禁止されており、野良猫はいるが野良犬はいない

ペットとして代表的なものはおそらく鳥だと思う。
ケヨドゥでは学校でインコや文鳥を飼っていた。

私の家の大家は同じ敷地内に住んでいるのだが
こんな鳥を飼っている
fonadhoo3



道端ではこんな奴を見かけたりする。
もちろんこれはめずらしいタイプだと思うが
fonadhoo2


首都のビーチで泳いだ時には
ウミガメの子供で遊んでいる親父がいた。
おそらく違法だがめずらしくはないらしい

ちなみに我が家にはヤモリとアリとダニが
住み着いている。


バイク

この国の主流な乗り物は車でも自転車でもなくバイクである
もちろんヘルメットなど被らない。一度だけヘルメットをかぶっている人を
みかけたが逆に怪しい人に感じてしまった。

一番みかける事が多いのはコイツ
wave

デザインはスクーターっぽいが、足元をみるとスクーターのように
足を揃えて乗るようにはなっていない。
日本では発売されていない海外用のタイプだが
カブの後継者らしい
カブというのは日本では新聞配達やそば屋の出前で使われているヤツです。
ネットで簡単に調べたところ、タイではカブがかなり主流になっており
タイで発売されているものらしい
5台中4台はこれって感じるくらい、こいつに乗っているいる人が多い

車も走っているがトラックは日本車の中古で
「右に曲がります」とか「バックします」とか日本語の
アナウンスが流れたり、車体に○×建材株式会社とか
書いてあったりする。

普通車は小型車が多いフィットとかマーチとかである

首都には信号機があるが私のいる島には信号機がない
そのくせ道路は結構広くてメインの通りだと、日本の
片側一車線道路と同じかそれ以上の広さがある

fonadhoo4

にもかかわらず信号機がないので大半の人はかなり
安全運転である。もちろん中にはクラクション鳴らしまくって
交差点一時停止しないバカもいるが
大半の人は30km以下で走っていると思う。

とりあえず私は早く自転車を入手しないと
島が広いので行動範囲が広がらない。
なんとかせねば。

今外は大雨が降っている
モルディブは今は雨季なのでここ一週間はよく雨が降る
涼しくて過ごしやすいが洗濯物が乾かなくて困る

こっちは雲の流れが早いので天気も変わりやすく
雨が数秒間だけ降るなんてこともある
逆に良く晴れていても一気に雨雲がやってきて
大雨になることもあるので洗濯物が干しずらい

雨が降ってもいいように洗濯物を干すスペースには
屋根があるのだが、そこに干すと晴れていても陽が
あたらないので昼間家にいるときは別の場所に干している

ちなみにこっちに来てから傘を買ったが45Rf(450円)だった
日本のビニ傘よりはまともな品である

モルディブでは雨は貴重な飲み水である
各家にはタンクがありそこに雨水を貯めておく
なので雨がまったく降らない日が続くとミネラルウォーターに
頼るような事になってしまう。

とりあえず、雨季は半年続くはずなので
その間は飲み水の心配はないはずである。

リスニング

私の活動先の学校には
インド人の先生が数名いるのですが
人によっては英語の発音がものすごく悪いです
よくインド人の英語の発音が悪いという話を聞きますが
先日、インド人先生にこのセレモニーはどういうものかと
質問したところ、その返事を聞き取ることができず、
再度聞き直しても聞いた事がない単語だったので、
わからん!という顔をこちらがしていると、最終的に向こうから

B・I・R・T・H・D・A・Y

と、スペルを言われて初めて

バースデイかよ!

って思ったぐらいで、いくら私の英語力がないと
言ってもさすがにバースデイくらいは聴き取れます。

この発音に2年間付き合うのは結構しんどそうです。

初選挙

昨日はモルディブの選挙日でした。
ここモルディブでは今回の選挙が初選挙です。
なので、何らかの混乱(暴動?)が予想される為
昨日と今日は自宅待機令が出ています。

ちなみに、昨日は朝と夕方は大雨が降っていたので
日本であれば投票率に大きく影響しそうですがモルではどんなもんでしょう。

初選挙って事で海外から選挙監視団やメディアも来ているみたいです。

fonadhoo1.jpg

選挙法とかがどうなっているのかわからんが、島の選挙ポスターや横断幕は
剥がされたり、破かれたりしていて、日本ではありえない状況です。

とりあえず、何事もないことをTV鑑賞しながら祈っております。

面白出来事

週明け(モルは日曜日が週の始まりです)から学校での活動が始まりましたが
コンピュータークラスはまだ始まっておらず、クラスのPCの状態を確認してワクチン
ソフトのアップデートをしたり他の先生の質問に答えたりしております。
要はかなり暇って事ですね。

今週一週間の面白出来事としては、学校には私が利用するPCルームとは別に
もうひとつPCの部屋があり、そこが学校で唯一ネットができる部屋になっています。
そこでワクチンソフトのアップデートファイルをダウンロードしていると、他の先生が各PCに
何かをしているので覗いてみると、私がダウンロード中のファイルを配布していました。

なんだ持ってんのかよ!
と思いながらもう一度見てみると、配布に使っているUSBメモリの中にAutorunファイルがあり、
ん?と思って、そのファイルはお前が作ったのか?と聞いてみると
いや知らん!と返事をしながらそのまま作業を続行するので、そのメモリを借りてもう一度中を
見るとexeファイルもしっかりとあるじゃないですか!!!
つまりこの人は、ワクチンソフトのアップデートファイルと一緒にウイルスも配布するという
荒業を使っていたわけです。

このファイルはウイルスだぞって言っても、
へぇ~ぐらいの感じで自分がウイルスを配布している事を全く認識できていない感じです。
まーこの部屋は私の管轄外なんで今はウイルスが感染していても放置しておこうかと思っています。
先々は色々指導しようかと思いますが、以前前任者がこの部屋に手を出して校長に
怒られたらしいので、もう少し私自身の信頼を得てからにしたいと思います。
ただ一台ワクチンソフトがインストールされていないPCがあったので
インストールしてフルスキャンしたところ100個位ウイルスが検出されたのには大笑いしました。

んな感じで更新作業も終了し当分私の授業は始りそうにないので当分暇な日が続きそうです。


任地に到着

やってきました。
私の任地、フォナドゥ島。

正直、第一印象は微妙な感じですな、、、
どうしても、語学研修をしたケヨドゥ島と比べてしまうのですが
無駄に広い島って感じです。道幅がケヨドゥの倍以上あるくせに
人はそれほど多くないのですごく寂しい感じです。
海もかなり汚いです。話には聞いていましたが青い海はありません。
そこらじゅう緑です。バイクや車も結構走っています。信号がないので
みんな安全運転です。
唯一ケヨドゥ島より良い点は、無線LANが飛んでいるのでインターネットが
普通にできる点です。

んでもって
私が2年間住む家は急遽前任者と同じ家から別の家に変更になってしまい
拝見したところ、結構キツイです。
とりあえず狭いです。その上窓がないのでかなり家の中は蒸し暑そうで
急遽、小さい窓を付けてもらうことになりました。
また、私が到着した際はまだ鉄格子等のセキュリティが出来上がっておらず
アトールの宿泊施設に寝泊まりしてます。

活動先の学校から警察や病院等に挨拶回りをしましたが、みんな良い感じの人ばかりです。
ただ中には、そうじゃない感じのヤツもいたので要注意です。
ちなみに今日買い物したら釣銭をごまかされそうになりました。
 
まぁまだ到着して3日しか経っていないので全てはこれからです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。