スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将軍!

今日初めて生徒から

SYOGUN(将軍)と呼ばれた。

なぜなら私がそう呼ぶように仕込んだからである

モルディブの生徒は男性教師の事を
「サー」と呼び。
女性教師の事は
「ミス」と呼ぶ。

なので、授業中は質問があると
「サー!サー!」「ミス!ミス!」と連呼する。

道で会っても
「ハロー、サー」とか言われる。

各クラスの初めての授業の際に、

私の名前は○○です。
でも、SYOGUNと呼んでください。
SYOGUNは私のニックネームです。
と、挨拶した。

モル人からすると、日本人の名前は
かなり発音しずらいらしく、
最初に名前を言った瞬間

「はぁ~?なんて?」みたいな顔を大半の生徒にされた。

だからと言うわけではないが、
○○(本名)は難しいから、SYOGUNと呼んでくれ。
と、念を押してみたりした。

だが、当然ながら生徒は「サー」と呼ぶ習慣があるせいか、
なかなかSYOGUNとは呼んでくれなかったが、
今日初めて2人の生徒から質問があった際に

「SYOGUN!」と呼ばれた。

モル人は誰かひとりがやりはじめると、
周りの連中もこぞってマネし始めるので
意外とすぐに浸透するかもしれん。

ちなみに言うまでもなく、
日本でSYOGUNなんて呼ばれた事は
一度もございません。

本名では呼びずらいので、何か別の呼び名で
呼んで貰おうと考えた結果、決して日本では
呼ばれることがないSYOGUNになった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。