スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モルディブとは?

今日はモルディブの地理について説明したいと思う。

そもそも世界地図でモルディブを探しても見つからない。
それだけ小さいからである。

モルディブ全体の地図①
maldives-map-large.gif
緑色で象られた部分がひとつの島に見れるがそうではない
緑色の部分に小さな島が沢山あり、
それが歪な円の様に固まっているわけだが、
これらの事をアトール(環礁)と呼んでいる。
緑色の内側ももちろん海である。
Laamu Atollという下から3番目の緑色の部分が
私のいるアトールである。
(アトールの数で言うと下から5番目だが)
マーレから220km離れており、飛行機で50分ほどである。

次の地図はマーレ(首都)があるアトール近辺の地図②
maldives_map.gif
地図①の緑色の部分がこの地図の白い部分になるわけだが
白い部分全体が島なわけではない。
白い部分の一部分が島である。

次の写真は上空から撮ったもの。
RIMG0610.jpg

RIMG0801.jpg
一番薄い水色の部分が一番浅い海であり
古い珊瑚が積もってできた部分らしい
この写真の中に島はない

次の写真が島の写真である。
RIMG0807.jpg
雲がかかって見えずらいが、
地図②の白い部分の一部が写真のような島になっている。
中には白い部分の大半が島になっているようなところもあり。
私の島もそんな感じ。

マーレ上空から
800px-Male-total.jpg
建物がわかるような距離で撮影しても島全体が撮れてしまう大きさである。
海に浮かぶ要塞のようである。
ちなみに人口密度は世界一らしい。
上のほうに写っているのは空港島である。

地図①の中にオレンジ色で名前が書かれているのが
リゾート島である。
マーレを中心に広がっているわけだが、
私のいるアトールにはリゾートがひとつもない。
ひとつ現在建設中で今年の秋完成予定らしいが、
かなりの高級リゾートっぽいので、完成したところで
私が行く事はまずないだろう。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。