スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休日

今日は生徒と二人で海に行った。

昨日の授業中に
私はシュノーケリングがしたいんだが、
君らはシュノーケリングはしないのか?
と聞いたところ、驚いた事にSnorkelingという言葉を知らなかった。
語学研修をした島では普通に島民も使っていたが、
私の島ではそれだけ海で泳ぐ文化がないのだろうか。

泳ぎに行きたいんだが、この島は汚いだろ?
君らはどこで泳いでいるんだ?
と聞いたら、近くの無人島に行ってるっぽい。
ぽいというのは無人島か?と聞くと違うと言うのだが
話の内容的に無人島ぽかった。

ひとりの生徒が明日行くというので、
じゃ私も連れてってくれとお願いした。
船は何時に出るのかと聞くと、少し考え込んで
9時だという返事が返ってきた。
モル人に何時にそれをするのかと聞くと、だいたい少し考え込む
こっちから時間を聞かないと、朝とか昼とかものすごくアバウトな表現をする。

そして今日になり、昨日の時点で迎えに来る話に
なってはいなかったが、わざわざ生徒が家に来てくれた。

ところがどう見ても泳ぎに行く格好ではない。
話を聞くと船が出ないから島の海に行くみたいな事を言っている。
私の島に泳ぐような場所はないと思ったが、
せっかく迎えに来てくれたのでおとなしくついていった。

コーズウェイ(空港島に行く橋)近くまで歩いて海沿いに出て
海岸を少し歩いたら、「ここでどうだ?」みたいな事を言ってきたが、
泳げるような場所ではない。
というか、生徒は木陰で休みたかっただけっぽい。
まぁどのみち泳げるような場所もないだろうから、一緒に木陰で話をした。

何で島民はあまり海で泳がないんだ?と聞いたところ
津波の恐怖心が残っているからという返事が返ってきた。
私の島は5年前のスマトラ沖地震による津波で被害をうけ
亡くなられた方もいる。
津波がくる前からこの島にはあまり泳ぐ文化がなさそうだが、
津波が影響しているのも事実だろう。

ちなみに津波発生当時この生徒は寝ており
母親に起こされて避難したそうだ。

ナルトを知っているか?と生徒が聞いてきたので
てっきりアニメの話かと思い知ってるけど見た事はない。
と言ったら食べるナルトの事だった。
前任者に教えられたらしい。

この生徒はGrade9だがGrade8をリピートしており
現在16歳である。

家族が沢山いるらしく、私の家までの帰り道で
兄2人、姉1人、親父1人とすれ違った。

ちなみに来週こそは船で無人島に行く約束をしたので
ぜひ実現させたい。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。