スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD-ROM

今日は一台PCのCD-ROMドライブを交換した。
おそらくマウスコードが切られた時と同じ日に壊されたと思われる。

ドライブのトレイが外されており、教室内にトレイは見当たらなかった。

当然トレイが無いと使い物にならないので
以前から置きざらしになっている壊れたPCから
CD-ROMドライブだけ外して付け替えた。
作業時間は10分程。

ただ、付け替えたドライブは壊れたPCについていた物なので
見た目は問題ないが使えない可能性も当然ある。

とりあえず配線を付けて電源を入れる。
トレイが出てきたのでとりあえずOK。

ドライバーだけ持ってきてCD-ROMを持ってきていなかったので一旦家に戻る。
というか、仮にこのドライブがきちんと動作しなくても交換するつもりだった。

なぜかというと、
全く壊れていない物と多少壊れている物では
多少壊れた部分がある物の方が、壊されやすいらしい。

と言うのを以前アメリカのTV番組が実験をふまえてやっていた。
道に全く壊れていない車とちょっと壊されている車を同じ場所に置いて
放置しておくと、ちょっと壊れている方はあっという間に廃車状態にされたが
全く壊れていない方はそのままという実験。

なのでトレイが無いままにしておくと更に壊される危険があるので
交換するつもりでいた。

授業開始より少し早めにCD-ROMを持って教室に行く。
動作確認OK
問題なく認識した。


余談だが
今プロジェクターの購入を考えている
学校にひとつあるが全ての授業で使わしてもらう事は難しいので
値段しだいでは自腹を切ろうかと急に考え始めた。
おいくらまんえんするのだろう。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。