スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョセフ現る!

連休も終わり今日から学校が再開した。

授業時間もラマダン前の状態に戻り7時スタートの1コマ45分。

ところが、朝1コマ目の授業が始まるのを待っていると
生徒ではなく、ジョセフが現れた。

ジョセフとは
インド人のコンピュータ教師で
私の担当する授業とは違いテクニカルな部分を教えている
Gradeも10~12の生徒担当である。

そんなジョセフ君が私の教室に現れた。
何かと思ったら、ジョセフの担当する授業が全くなく
やる事がなくて暇だから私の授業のサポートをしたいらしい。

確かに今日配布された時間割にジョセフの名前が存在しない。
本人も理由がわからないらしい。

「理由もわからず、自分の担当授業がなくなるってどういう事だよ!」
というツッコミはあえてしない。

まー私としてもリーザもいないし、もう一人教師がいたほうが
生徒も授業に集中すると思い承諾。

いつまでこの状態が続くのかわからんが
実際今日の授業はやりやすかった。


全く関係ない話だが
テレビで国連の生中継をやっており、
丁度、オバマ米大統領が壇上で話を始めるところだったので
そのまま見続けていると驚いた事に45分前後しゃべり続けていたと思うが、
一度も手元の紙を見るような事はせず、常に各国の代表者達に
目を向けてしゃべり続けていた。

所信表明とやらでうつむいてしゃべっている
日本の首相とはえらい違いだなと感じた。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。