スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

配達員!!!

今日はまた先輩隊員に付き合い酒を取りに空港島まで行ってきた。

ホステルから先輩隊員の活動先に行き港に向かって歩き出して
しばらくすると、先輩隊員のサンダルの鼻緒が切れるアクシデント。

しょうがないのでビーサンを買おうとしたが、タイミングが悪くお祈りの時間の為店が閉まっている。
そこで先輩隊員は知り合いの日本人に電話をし始めた。

サンダルを借りる為である。

しかし、その日本人の方は仕事でリゾートに行っておりマーレにはいない。
しかし、その日本人の方は自分のオフィスに連絡し、他の社員に家を開けさせ
サンダルを持って行って良いとの事。
(鼻緒が切れた場所はオフィスのすぐそばで、そのオフィスと同じ建物に住居がある)

日本ではなかなかありえない光景である。

マーレの狭さと、共に外国で暮らす日本人同士が生み出した光景である。

その後、船で空港島まで行きスーツケースに酒を詰め込んで帰ってきた。


正直、暑い中飲みもしない酒を取りに行くのはしんどい。
次はお断りしよう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。