スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飲料水はじめました。

ホターでひとりでお茶していると、ひとりのモル人が現れた。
普段から顔を合わせると挨拶はするが、詳しい事は知らないモル人である。
同じテーブルに座ってタバコをくれないかと言ってきたので、とりあえずあげる。

そして、「ところで仕事は何をしているのか?」と聞いたところ、
アイランドオフィスで働いているらしい。
更に細かく聞くと海水を飲料水に変える機械を担当しているらしい。

???

海水を飲料水?

今まで海水から塩分を除去してシャワーや飲み水以外の水に使っている事は
知っていたが、飲料水まで作れるなんて聞いた事がなかった。
再度、海水を飲み水に変えるのか?と聞いたところ、「そうだ」と言う。
普段はその機械は動かしていないが、雨が長期間降らずに水不足になると
動かすらしい。そんな機械の担当者だから毎日ぶらぶらしている。

つーか、この人曰くどこの島にもその機械はあるらしい。
どこでもあるは怪しいが、少なくとも私の島にはあるのだろう。

ちなみに、
この人は私が語学研修中は、私達が話をしたホターの経営者だった。
元々1年契約だったらしく任期満了で辞めたらしい。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。