スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕切り直し!

やっと島に帰って来た。

朝、出発予定の20分前にジェッティに行く。

しかし、今回も目的の船がいない。

10分前になり、またやばくなってきたと思い
ジェッティの係員に聞いたところ、「あの船だ」と
指を差された船はドーニ(漁船や貨物に使う船)だった。

以前、ケヨドゥで見た船とは全くの別物で
聞かなければ気付かないところだった。

とりあえず、船員に聞いてもケヨドゥに行くと言うので乗り込む。

時間になり船が動き出すとチケットを売りに来た。
一人50Rf(500円)無料だと思っていたが、気のせいだった。

そして、チケット売りのおっさんに再確認したところ、
どうやらこの船はケヨドゥと同じ環礁内にある島までしか
行かないらしく、そこで別の船に乗り換えるらしい。
乗り換えの際には、この船のチケットを見せれば
無料になると説明を受けた。

船の中


運転手
後ろに写っているのはマーレ
kaerimiti02.jpg

途中、通り過ぎたリゾート
kaerimiti03.jpg

出発してから1時間は景色を眺めていたが、
酔い止めの影響か眠くなり寝始める。

3時間半程で同じ環礁内のフリドゥに到着。
到着までぐっすり寝ており、港に船を寄せる為に
船が小刻みに揺れて目が覚めた。

到着した港
kaerimiti04.jpg
この島には防波堤がない。
防波堤がない有人島はけっこう珍しい気がする。

私が乗って来た船(ドーニ)
kaerimiti05.jpg

そして、ここでスピードボートに乗り換える。
しかし、すぐには出発せず20分ほど待ち時間がある為
ホターでコーヒーを飲む。

スピードボート
kaerimiti06.jpg

時間になり、出発したはいいが何故かこのボートはスピードを出さない。
本来ならドーニよりぜんぜん早く走れるのにドーニとほとんど変わらない
スピードで進んでいる。

そして、この後も2つ島に寄ってからケヨドゥに帰って来た為、
本来なら1時間かからないところを2時間以上かけて帰って来た。

トータル6時間の旅だった。

ちなみに、
今回は波も穏やかで、天気も曇り空であまり暑くなく
長旅の割にはあまり疲れを感じずに済んだ。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。