スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WePad

今夏、ドイツのメーカーから「WePad」なるものが発売されるそうだ。

「iPad」よりも
若干大きく、若干重く、若干高いらしい。

http://wepad.mobi/en

「iPad」より優れている点は、Webカメラ付きでありUSB2.0ポートが2つある。


名前にやる気は感じないが本気の商品だ。

「iPod」よりも「Walkman」
「iPhone」よりも「Xperia」
と言った人が買うのだろうか。



スポンサーサイト

USB3.0

日本にいない間にUSB3.0とやらが世に出ていた。

規格自体は日本を経つ前に発表されていたが、商品化はされていなかった。
それが、いつの間にか外付けHDDが発売されており、驚いたのはUSBメモリで
128GBの物が7万ぐらいで売られているらしい。
128GBって数年前の内蔵HDDよりデカイし、7万てPC1台買えちゃうし。

とはいうものの、一般化するのはもうちょい先か。


ちなみに
初めて手にしたUSBメモリは128MBだった。



仕分け

JICAの事業仕分けが行われた。

内容としては職員用の住宅やお偉いさんの在外手当等
隊員に直接関係してくるものではない。

ただ、そもそもJICAの予算は年々減っておりその影響か
今現在65日間の派遣前訓練も以前は3ケ月位あったそうだ。

この事業仕分けの目的は億単位のお金を削減するのが
目的だと思うので隊員にかかわる物をどうこうしたところで
大きな削減が得られるわけではないが隊員絡みでも無駄は感じる。

例えば派遣前訓練中に、
各自ブレザーを1着支給されるが、これはいらないと思う。
スーツの1着ぐらい各自持っているだろうし、わざわざ全員お揃えにする必要もなかろう。
また、訓練終了時には記念のワッペンが支給されるがこれもかなり無駄。

個人的には同時にもらう修了証書とそれ用の筒も金額的にはわずかだろうが
かなりいらんし、ゴミとなって環境破壊につながるだけだと思う。


もっとも、隊員レベルで一番の無駄は必要のないところに隊員を派遣している事か


ちなみに、
修了証書は派遣終了時にももらうのでこいつもいらんと思う。


murder

ドミニカ共和国の企画調査員が亡くなられた。


報道によると犯人は
「JICA現地事務所で受付を担当していた妻が被害者に恋愛感情を抱いたことに怒り、
首都サントドミンゴの被害者宅に侵入して刺殺した。」

モルディブでもモル人女性と話をしていた隊員が
勘違いをしたその女性の彼氏に殴られると言う事が以前会ったが、
今回の場合そのような勘違いが絡んでいるのかはわからない、、、


ご冥福をお祈りいたします。


Volcanic ash

数日前に発生したアイルランドの噴火は
空の便にかなりの影響を及ぼしているが、
それはモルディブにも影響しているらしい。

直接モル人から聞いた情報ではないが、
リゾートに来ているヨーロッパ人が帰れなくなったり、
来モするはずだったヨーロッパ人が来れなくなったりと、
モルディブ観光業にも影響を及ぼしているそうだ。

観光業はモルディブにとってメインの産業なので
痛手にならないといいけどなぁ...


UFO

UFOだぁ!


http://cnn.com/video/?/video/tech/2010/04/15/ia.wi.fireball.lights.up.skies.cnn




全開

最近はブロードバンド全開である。

自宅では光回線を利用しているので、
その広域を十分に利用し
YouTubeで動画を見たり、
語学サイトで音声ファイルをストリーミングしたりしている。

このようなサイトは途上国では利用しずらい、もしくは利用出来ないサイトである。

幸いモルディブではそれなりの回線が利用出来ていたので、
首都ではYouTubeを見る事もできたし、
地方島でも時間をかければある程度の
ファイルをダウンロードする事も可能であった。

しかし、アフリカなどに行けば首都でも電話線を繋いで

ピィ~~~ガァァァ~~

とやって接続しているところもあるようだし、
携帯電話で接続して、決して速いとは言えない回線に
高い通話料を支払わなくてはいけなかったりする。

便利なサイトはどんどん増えているが、
途上国のようなナローバンドでも、
充実(重い)サイトがサクサク見れるような
技術が出来たらいいのになぁ。


結果届きまして

帰国後に受けた健康診断の結果が今日届いた。

結果:

中性脂肪高値

ん~糖分の採り過ぎか

とは言うものの体重は出国時より2kgほど軽くなっているのだが、、、
見た眼には脂肪が見当たらない体型なのでこの数値を下げるのは大変そうだ。


久々に更新しまして

まだまだ日本は寒いぞぉ!!!

そんな中、

ようやく住民票の転入手続きが完了した。

ようやく住所不定解除!

そもそも、なぜこんなにも遅くなったかと言うと

JICAのせいだぁ!

帰国後の転入手続きにはパスポートかそれを証明する書面が必要。

帰国翌日のJICAの帰国時プログラムで一旦公用旅券をJICAに提出

利用できない様に処理されてから再度返送されてくるわけだが、

この時に10日で公用旅券は返送されるが、それ以前に手続きをしたい人は
証明書を発行すると説明を受ける。

私としてはそれほど急いでいないのでパスポートが届くのを待つ事を選択。

しかし、これが間違いだった。

JICAの説明では土日込みで10日以内に返送するとの事だったが、戻ってこず。
更に土日以外で数えて10日が経過しても、戻ってこず。

さすがに遅すぎるのでJICAに電話したところ
当初、10日以内と説明したが私の場合はもっと日数が
かかるらしく、電話した日の翌週になると言う。
必要であれば今すぐに証明書を発送するとの事なのでお願いする。

それから2日後の今日書面が到着。

即役所へGO!

本来転入手続きは14日以内に行うもの
私はオーバーしていた為、遅延時に提出する余計な書面まで
提出するはめになった。


ちなみに、
帰国時プログラムの際、どこからくる自信なのかしらんが
マイクを持って説明したJICAの担当者は
「絶対に10日以内に届きます」と説明していた。
まー私の場合は任短というイレギラーが絡んだ結果遅くなったのかも知れんが、
そういう人間がいる事を確認もせずに「絶対」とか言ってしまう
いい加減さは如何なものか。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。