スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魚捕り

昨日の話の続きになるが、

生徒にゴーグルを貸してやると一匹魚を捕まえてきた
こいつすげーなと思って関心していたが、
その捕まえ方を知った時にこいつとんでもねーなに変わった

魚はサンゴの周りに集まっているが、人間が近づくとサンゴの中に逃げ込む
そして、逃げ込んだサンゴをそのまま持ちあげて海の外に出す。
で、魚を取るという流れである。

多少この生徒にも罪悪感はあるようで、サンゴは保護しないと駄目だというと
小さいやつだから大丈夫だ。みたいな返事が返ってきた。もちろん小さいやつも駄目である。

モルディブのサンゴは数年前のエルニーニョ現象によってかなり死んでいる。
シュノーケリングをしていても死んだサンゴが目につく。

結局この生徒は十数匹の熱帯魚を捕まえ
バケツに入れてお持ち帰りしていた。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。