スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

任地到着!

いざ任地へ!
昼すぎにホステルを出発して港に向かう。

向かう港は通常の客船用の港ではなく貨物船用の港。

港に着いてもまだどの船に乗るのかはっきりわからない。
たくさん船がいる為、目的の船に乗る為に
他の船を橋代わりにするような状況の為、自分が乗る船は
港から見えないが、おそらくドーニ(貨物船)ではないらしい。

しばらくしゃべって時間を潰していると、ケヨドゥ(私が行く島)の
住民を発見。この人も同じ船に乗る為、一緒に来ていた調整員は
この人に私の案内を任せて事務所に戻る。

30分位経ってようやく荷物乗せが始まり、その後乗船。
港から船を2つ渡った所に私の乗る船は停泊していた。

びっくりした事にエアコン付きでテレビまで設置されている。
シートも一応リクライニングするようなシートである。

バラーバル!!(最高)

見送りに来てくれた他の隊員に別れを告げいざ出発!

出発してしばらくすると酔い止めの薬の影響か眠たくなった為
エアコンの効いた船内でしばらく就寝。

そして2時間後に目的の島の隣の島に到着。

ここで船を乗り換えるわけだが、港に次の船はおらず
一緒に来たモル人は島民の家に行ってしまい、
ひとりで港でボケーっとする。

しばらくして戻ってきたモル人と一緒に港のホター(食堂)に入り
サーボーン(お茶を飲む)。

ホターにいる間に小さなエンジン付きボートが現れ
私とモル人の荷物をボートに乗せ始めた。

全ての荷物が乗せ終わったところで我々も船に向かう。

船の大きさは手漕ぎボートをふたまわりくらい大きくした物に
エンジンを取り付けたような感じだが、この島からケヨドゥまで
10分位なので問題ない。
私とモル人の大人2人、赤ちゃん1人が乗船して出発。

ケヨドゥに到着すると語学研修時にホームステイした家の人が
出迎えてくれた。港の雰囲気も変わっておらず、
唯一変わったのはバレーボールのコートにナイター照明が
取り付けられた事くらい。

港に迎えに来てくれたこの島で現在活動中の隊員と
現在ここで語学研修中の隊員と一緒にホームステイ先に向かう。

住む部屋は窓がない部屋でかなり暑そうだが想定内。
トイレ&風呂場はかなり狭く日本の普通のトイレに
シャワーを取り付けた感じ、こちらは想定外。

なので便器に座った状態でシャワーが浴びれてしまう。
ん~~便利だわ。

この部屋で生活するのは約2カ月間なので
まー良しとしよう。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。