スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トイレ掃除

大家のところの従業員が私の家にやってきた。
何の用かと聞いても英語が通じない。
掃除道具を持っているので
掃除をしたいのか?と聞いても答えが返ってこない。

日本から持ってきたディベヒ語の本に
イラスト入りで名称が書かれているので
それを見せたら、便座と洗面所を指差した。

トイレ掃除をしたいらしい。

自分でやるからいいよ。
と言ったらニコッと笑って家に入ってきた。
通じてなかった。

今までこの従業員はモル人だと思っていたが、
聞いたらバングラ人だった。

バングラ人はほとんど英語が通じない。
今まで会ったバングラ人で英語が通じるのは
JICA事務所の警備員ぐらいだ。

つーか、家に住み始めて2ヶ月半経っているが
掃除に来たのは今日が初めてだと思う。
大家にでも言われたのだろうか。

このバングラ人に唯一通じた英語は

アーユーバングラディシュ?である。

余談だが夜中寝ている最中にベッドから落ちた。
ベッドサイズはダブルベッドなので
相当寝相が悪かったらしい。
きれいに横になったまま落ちたので
太ももの外側の骨と、膝の外側の骨を床にぶつけた。

ちなみに私の家の床はタイル張りである。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。