スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作業時間

日本で子供に教えた事がないので
比べようがないのだが、モルの生徒は
時間配分を考えようとしない。

Grade1や2の生徒には無理な話だが
Grade7や8の生徒でも時間を無視して
作業を行う。

例えば制限時間は15分と最初に言っているにもかかわらず
半分以上の時間を特定の作業に使ったりする。

ワードの文書作成で
ページカラーを変更させ
タイトルにワードアートを使い
テキストボックスに自分の名前を入力させ
6、7行の文章を入力する。

この作業をやらせると
ページカラーで何色にするか迷い
ワードアートでどのデザインにするか悩み
テキストボックスのやり方がわからないと
私に質問する時には7、8分が経過している。

そして文書を1行入力した頃には作業に飽き始めてる
というのが、よくみる光景である。

もちろん、色合いを考えたりする事は悪い事ではない。
むしろトータル的な教育では良い事である。

ただ、もう少し制限時間を頭に入れて作業してもらいたいのである。

おそらく日本の子供に同じ事をやらせたら
色合いは無視して時間内に終わらす事を目指すだろう。
それはそれで良くないわけだが。




スポンサーサイト
コメント

No title

Grade 7,8ってことは日本で言う中学生?
13~4歳の子なんてみんなそんなもんだよー

前働いていたPCスクールにキッズクラス(小中学生用)があったけど、同じような光景だったよ。

Re: No title

へぇ~日本も一緒かい
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。