スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと解禁

モルディブ隊員に対してスリランカへの渡航が許可されたらしい。

協力隊には任国外旅行という制度があり、
それぞれの派遣国に対して5カ国くらい認められている。
(派遣国によって多少違いがあり、行ける国もJICAが決めている)

モルディブの場合、
本来はバングラディシュ・インド・タイ・スリランカ・ネパールの
5カ国が任国外旅行国として認められているが、
その国の情勢によって渡航が禁止され
ここ数年間実際に行けるのはインドとタイの2カ国だけだった。

他の3カ国にも協力隊は派遣されているのになぜ?駄目なんだと思うが、
派遣国よりも危険な国には渡航が禁止されるらしい。
なのでモルからバングラ・ランカ・ネパールへは行けないが
バングラ・ランカ・ネパールからモルはOKである。
(それだけモルが平和ということか)

まぁここまでは安全の事を考えてと理解できるが、
上記の渡航禁止の3カ国も理由が任国外旅行以外の理由だと渡航が可能になる。
協力隊は派遣中に他国の隊員と研修を実施する事が可能であるが
この場合は渡航禁止の国にも行ける事ができるので
モルからランカやネパールに行ってる隊員もいる。
だったら任国外旅行もいいじゃないかと思ってしまう。

と、そんな状況であったわけだが、

スリランカ国内の内戦が終結し落ち着きを取り戻した為
晴れて渡航が解禁された。


ちなみに
言うまでも無く今の私はどこへでも行き放題です。


久しぶりですが、何か?

1ヶ月以上の放置プレイ

明日からワールドカップ開幕!

日本代表には南アに行かなかった事を後悔したくなるような試合を望みつつ、
日本で各国のプレーを楽しみたい。


昨日、6/8は「World oceans day」だったらしい。

海をみんなで守ろうと言う日。

モルディブのリゾートも海や海岸のゴミを拾ったりしている。

モルディブ政府としてはどう考えているのか知らんが
モルのような国が率先してやればいいのにと思う。

ただでさえ、サンゴがかなり死んでしまっているわけだし
国として大事な収入源である観光業を維持する為にも
温暖化防止だけでなく綺麗な海を維持する方にも力を入れてほしい。

つーか温暖化のほうにもあまり力はいれてないが、、、


モルディブ政府は他国に対して温暖化防止を訴えたりしている。

一応、国民に対してもテレビでゴミ処理に関してのCMを流したりしてはいるが、
モルディブ自身が温暖化防止に努めているとは言い難い。
はっきり言って他力本願である。


温暖化防止対策にはお金がかかる。

しかし、お金を費やしてでも温暖化防止を行うべきというのが
今の世界の考え方でもある。
勿論、じゃあそのお金はどうするのっていう問題はあるが、、、

モルディブには毎年、多くの観光客が訪れる。
ピーク時には年45万人(人口30万人)来ていたが今現在は減少している。
仮に一人あたり10$の環境保護税みたいなものを徴収して
30万人が観光に訪れれば300万$の予算確保になる。
言うほど簡単ではないだろうが、モルディブの為だけでなく
地球の為にもモルには頑張ってもらいたい。


ちなみに
「他力本願」とは本来「仏教用語で、阿弥陀仏が衆生を救済する本願のはたらき」を意味するが(ウキペディア参照)
本文ではあえて「人まかせ、他人依存、成り行き任せの意」として使っている。

WePad

今夏、ドイツのメーカーから「WePad」なるものが発売されるそうだ。

「iPad」よりも
若干大きく、若干重く、若干高いらしい。

http://wepad.mobi/en

「iPad」より優れている点は、Webカメラ付きでありUSB2.0ポートが2つある。


名前にやる気は感じないが本気の商品だ。

「iPod」よりも「Walkman」
「iPhone」よりも「Xperia」
と言った人が買うのだろうか。



USB3.0

日本にいない間にUSB3.0とやらが世に出ていた。

規格自体は日本を経つ前に発表されていたが、商品化はされていなかった。
それが、いつの間にか外付けHDDが発売されており、驚いたのはUSBメモリで
128GBの物が7万ぐらいで売られているらしい。
128GBって数年前の内蔵HDDよりデカイし、7万てPC1台買えちゃうし。

とはいうものの、一般化するのはもうちょい先か。


ちなみに
初めて手にしたUSBメモリは128MBだった。



仕分け

JICAの事業仕分けが行われた。

内容としては職員用の住宅やお偉いさんの在外手当等
隊員に直接関係してくるものではない。

ただ、そもそもJICAの予算は年々減っておりその影響か
今現在65日間の派遣前訓練も以前は3ケ月位あったそうだ。

この事業仕分けの目的は億単位のお金を削減するのが
目的だと思うので隊員にかかわる物をどうこうしたところで
大きな削減が得られるわけではないが隊員絡みでも無駄は感じる。

例えば派遣前訓練中に、
各自ブレザーを1着支給されるが、これはいらないと思う。
スーツの1着ぐらい各自持っているだろうし、わざわざ全員お揃えにする必要もなかろう。
また、訓練終了時には記念のワッペンが支給されるがこれもかなり無駄。

個人的には同時にもらう修了証書とそれ用の筒も金額的にはわずかだろうが
かなりいらんし、ゴミとなって環境破壊につながるだけだと思う。


もっとも、隊員レベルで一番の無駄は必要のないところに隊員を派遣している事か


ちなみに、
修了証書は派遣終了時にももらうのでこいつもいらんと思う。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。